読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーホリはホームステイ?自分で探す?ホームステイのメリットとデメリット

海外留学やワーホリでの滞在方法で、一番多いのがホームステイに1~3ヶ月滞在した後、自分で住居を探すという方法。ホームステイは、自分で食事を用意することもなければ、環境がよければそれなりに楽しい生活を送ることができます。今回は、そんなホームステイのメリットとデメリットを紹介していきます。

 

 

ホームステイでの滞在はアリ?ナシ?

海外でのホームステイの考え方

日本で子供のころ、海外からの留学生を家に招いたことがある方はいらっしゃいますか?日本で海外留学生を招く場合、新しい家族の一員として、一緒に生活し、買い物に行ったりなど、語学や互いの文化の話を交換しあう。そんなイメージです。

しかし、海外ではホームステイは完全なるビジネスなんです。

「部屋が空いてるから、留学生を受け入れてお金をもらう」それが一般的な考え方です。また、実際その国に長く住んでいる、海外移民者の家庭でのホームステイがよくあります。

多くのホームステイ体験者がブログで書くように、夢のようなホームステイ生活というのは、ほぼありません。残念ながら。中にはいい家族もいますが、それは運によります。

 

ホームステイのデメリット

  • 朝食は自分で準備
  • 食事がおいしくない
  • 比較的にコストが高い
  • 自由行動が制限される
  • 郊外の家庭が多く、通学時間、交通費がかかる

以上は、よくある話です。

ホームステイは基本的に食事つきです。しかし、朝食に関しては自分で用意する家庭が多いようです。家にあるものを勝手に使ってください。という感じで、トーストを焼いたり、シリアルを食べます。中には、トーストの枚数まで、制限する家庭もあるのだとか。

私の友達は、トーストは1日2枚までと制限されていて、いつもお腹すいた~となげいていました。

朝食は、なんとかなるにしても夕食が問題です。家庭によっては、毎日ポテトとパスタ。同じ食事のローテーション。それか、毎日カレーなど。これでは、ストレスも溜まりますよね。人によっては、ホームステイ先の家庭が嫌になり、何度もステイ先を変える学生もいるようです。

自由行動については、完全にホームステイ先によります。中にはホストファミリーがあまりに心配性で、門限が設けられたという学生も。休日はちょっと観光がてら外に出てみたいと思っても、家庭の事情に左右されることも珍しくありません。

 

ホームステイのメリット

デメリットと称して、悪いことばかり書きましたが、悪いことだけでもないんです。

  • 基本的には一人部屋
  • 語学勉強になる

ホームステイは基本的に一人部屋です。なので、ゆっくりしたいとき、一人になりたいとき、勉強したいときは、気にすることなく勉強することもできます。

また、家庭によっては一緒に買い物に連れて行ってくれたり、食事も家族でとるので、語学の勉強になります。

 

実際、私がワーホリでイギリスに行ったときホームステイした家庭は、非常によかったです。後から、いろんな人の話を聞いて、私は運がよかったんだと思いました。

その家庭は、両親、娘2人、猫がいるイギリス人家庭で、これまでに何度も留学生を招いている、いわばプロ。英語がまったくできなかった私に合わせて、一緒に勉強くれたり、幼い娘たちと会話することで、少しずつですが、英語が上達しました。

また休日は、家族で一緒に買い物へ。「学校はどう?」「新しい住居は決まった?」など、相談にも乗ってくれました。

 

まとめ

ホームステイは、完全に運だと思います。

人によっては、その家庭が気に入らないということもありますが、それとは逆の人もいるということを忘れないでください。

ホームステイを経験したことのない人は、試してみてもいいと思います。でも、最初から1ヶ月以上など、長期のステイはおすすめしません。先ほども書いたように、ホームステイは運です。

いい家庭で、あなたが気に入ったのであれば、その家庭に相談したりして、延長することも可能です。きっとご家族は喜んでくれるでしょう。

 

留学するならラングペディア