読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の寒さから逃れられる。近場で味わえる南国リゾート・テネリフェ島

私はヨーロッパに住んで5年となります。そこまで長くはないのですが、ヨーロッパでの生活でなんとも耐えられないのが厳しい冬の寒さ。寒さで体調を崩すこともよくあります。そこで、1か月の休みを利用して、寒さから逃れるためスペインのテネリフェ島へ。12月でも平均気温が20度と、非常に過ごしやすいです。今回は、冬のおすすめリゾート、スペイン・テネリフェ島をご紹介します。

 

スペイン・テネリフェ島とは

スペインのテネリフェ島は、ヨーロッパ大陸の南西、アフリカ大陸の東側沿岸に位置するカナリア諸島の一つです。カナリア諸島は、グランカナリア島やテネリフェ島を含む7つの島で構成されているのですが、特徴はなんといっても過ごしやすい気候。北緯は28度くらいなので、大体沖縄と同じ。そのため冬でも平均気温は20度前後で、ヨーロッパでは避寒地リゾートとして知られています。

また、カナリア諸島へは、ヨーロッパと結ぶ飛行機が非常に多いので、ヨーロッパ大陸に住んでいる人たちにとって、一番身近な南国リゾート地といえるのではないでしょうか。

今回は、カナリア諸島最大の島、テネリフェ島へ行ってきました。スペインのマドリードからテネリフェ・スール空港(テネリフェ南空港)へ。テネリフェ島の首都であるサンタクルーズは、北にあるのですが、比較的南のほうがアトラクションなどが充実しているためです。

 

テネリフェ島南部のおすすめ観光スポット5選

  • Montana Amarilla(Yellow Montain)

モンタナ・アマリリャ、通称イエローマウンテンはテネリフェ島の南部、Costa del Siclencioにあるダイビング・スノーケルスポットです。現地のダイバーには非常に有名な場所で、毎日数時間おきにダイビングの船がやってきます。このイエローマウンテンでは、ダイビングだけでなく、スノーケルも楽しめます。いろんな種類、多くの魚が生息していて、見どころ十分。

釣りもできますが、付近にダイバーが要る場合などは注意しましょう。

毎週末は、現地の人を含め、非常に多くの観光客が訪れています。ビーチには小さなパブもあるので、家族連れやカップルにもおすすめですよ。

風が強いのと、近くにトイレがないのが難点。。。

 

  • Los Christianos

昼夜問わず多くの観光客でにぎわうのが、このLos Christianos。昔は、釣りの街としても有名で、Los Christianosでは、今でも新鮮な魚介類を味わうことができます。テネリフェ島の多くの街では、フィッシュマーケットが基本的に毎朝開催されており、毎朝獲れたての魚たちが市場に並びます。そこで、新鮮な魚を買うのもおすすめです。

このLos Christianosでは、毎週日曜日にフリーマーケットも開かれていて、お土産を選ぶのにも最適の場所。

 

  • Playa de las Americas

Playa de las Americasは、美しいサンドビーチに囲まれたリゾートスポット。中心に位置するモンキービーチというクラブでは、昼から人で溢れ、みんな楽しそうに踊っています。この街は、夜がとても賑やかになります。多くのお店で、DJが大音量でプレイし、店の外では客引きが。。。苦手な人は、近づかないほうがいいかもしれません。

Playa de las Americasの東側は、ショッピング街となっていて、この街で手に入らないものはほぼありません。有名ブランドショップから、スポーツブランド、とにかく大きな街で、一日あっても足らない感じ。

観光客が多いためか、若干物価が高いように感じたのも否めません。。。

 

  • Siam Park

Siam Parkはヨーロッパ最大級のウォーターパークです。魅力は、ウォータースライダーの種類。中でもおすすめは、28mの高さから時速80kmで一気に下降するTower Of Power。その高さ、速さもちょっと怖いのですが、そのスピードで館内にある水族館の中をトンネルのように抜けます。水槽の中には、サメやエイなどの危険な魚がいっぱい。考えただけでもちょっと震えます。

もちろん、Siam Parkにはレストランやカフェなどがあるので、ゆっくりしたいときでもおすすめですよ。

 

  • Teide

Teideはスペイン最高峰の山です。テネリフェ島の中心に位置する火山で、今はその活動は止まっているので、大丈夫。標高は3718mあり、冬になると山頂にはうっすらと雪が降り積もります。

この南の島で、海ではマリンスポーツ、島の中心は雪。ちょっと不思議な光景ですが、それがまた美しいんです。

Teideに行くには、ケーブルカーがおすすめです。山頂付近は、とても冷えるので温かい服を持っていくのを忘れないでください。

 

ここまでテネリフェ島の南部をご紹介してきましたが、テネリフェ島の魅力は他にも多くあります。多くの観光客が訪れるので、多くのお店やレストランでは英語も通じます。ヨーロッパで冬の寒さに耐えきれないと思ったら、ぜひテネリフェ島へ行ってみてください。

 

 

海外専用プリペードカード